[プレイ日記] ネクロマンサー④トラグ=オウルの分身編

まったりネクロマンサーをプレイ中。今回は、トラグ=オウルの分身のインプレです。

ようやくこれで最後のセットのインプレです。今回も何も見ずにプレイしています。

スポンサーリンク

ライフ消費スキル特化のセットアイテム

  • トラグ=オウルの分身Trag’Oul’s Avatar
    • 2セットボーナス
      • ブラッド・ラッシュにすべてのルーンの効果が追加される
    • 4セットボーナス
      • ライフが最大値のとき、スキルによって回復したライフが最大ライフを超えて上乗せされる。持続時間は45秒。最大100%まで
    • 6セットボーナス
      • ライフを消費するアビリティのダメージが3300%増加する代わりに、ライフ消費量が2倍になる。スキルによる回復量:が100%増加する

「トラグ=オウルの分身」は「使用時にライフを消費するスキル」に特化したセットアイテムです。いわゆるライフ・ドレイン系です。開発側は、ブラッド系(blood)と呼んでいます。

ライフを消費するスキルであれば何でもOKというところが大きなポイントです。

該当するスキルをざっと挙げると以下のようになります。

▲ボーン・スピア
 ブラッド・スピア(物理)

▲スケルタル・メイジ
 ライフ・サポート(物理)

▲デス・ノヴァ
 ブラッド・ノヴァ(物理)

▲コープス・エクスプロージョン
 最期の抱擁(毒)

▲コープス・ランス
 血の槍(物理)

▲大蘇生
 生命の奉納(物理)

▲死者の軍団
 死の嵐(物理)

▲ボーン・アーマー
 肉体維持(物理)

▲ボーン・スピリット
 ポゼッション(物理)

コープス・エクスプロージョン(最期の抱擁)を除けば、属性は物理です。

単純に類型化すると、

①近接=デス・ノヴァ(ブラッド・ノヴァ)
②遠隔=ボーン・スピア(ブラッド・スピア)
ペット=スケルタル・メイジ(ライフ・サポート)

といった形になります。

近接、遠隔、ペットと、どのタイプでも遊べるというのが面白いところですね。


▲禍々しき大鎌+スケルタル・メイジ+コープス・エクスプロージョンといったミックスも可能です

セットボーナスについて補足しておくと、2セットでまずテレポートスキルの「ブラッド・ラッシュ」に全ルーンの効果が乗ります。ライフ消費がなくなり、最大チャージが2になるのが便利です。また、敵の集団を通り抜ければライフ回復もできます。

4セットは他のセットと違い、ダメージ軽減効果がありません。その代わりにライフ最大値が2倍になるという仕組みです。ライフ量で被ダメージをカバーしようということです。

このボーナスは、ライフ満タンでかつ、ネクロのスキルによってライフが回復した場合にのみ蓄積されていきます。敵から出るライフ・オーブや、装備の「攻撃命中時にライフ回復」、「1秒あたりのライフ回復量」等の効果は、ライフを満タンにするためには有効です。しかし、それだけでは4セットボーナスは発動しません。「サイフォン・ブラッド」などのライフを回復するアクティブスキルを使うか、パッシブの「不気味な奉仕」+ペットの攻撃といったネクロ独自の手段が必要となります。

意外と侮れないのが先に述べた「ブラッド・ラッシュ」です。狙った場所にうまく飛べないことも多くリスクも高いですが、敵の集団をすり抜けると一気にライフが回復します。

トラグ版ペットビルド

「ラズマの骨」セットの時のビルドとほぼ一緒だったりします。いろいろ試したのですが、結局このペットビルドに戻ってきたという感じです。「タスカーとセオ」+スケルタル・メイジのコンボはやっぱり強いと思います。

実際、これまでと同じぐらいの装備レベルでGR70をクリアできています。

ビルド構成

▲アクティブスキル
①ボーン・スパイク(血の棘)
②スケルタル・メイジ(ライフ・サポート)
③ボーン・アーマー(衝撃の鎧)
④コマンド・スケルトン(ダーク・メンディング)
⑤ブラッド・ラッシュ
⑥大蘇生(生命の奉納)
※メインの属性は物理です。ボーン・アーマーのみ毒になっています

▲パッシブスキル
①永遠の服従
②不気味な奉仕
③輪廻転生
④最期の奉仕

▲コア装備
①トラグセット6点
②ジェセスセット2点
③ネイラジュのエヴォルの輪
④タスカーとセオ
⑤レイリナのシャドウフック
⑥リーパーの腕甲
⑦ローネルのサンストーン

▲レジェンダリージェム
①生気あふれる宝石
②エンフォーサー
③ゼイの復讐の宝石

装備

装備補足

アミュレットは、まだ「カランの英知」の良品が手に入っていません。倉庫を漁ってたら出てきた「マーラーの万華鏡」を、とりあえずで使っています。

レジェンダリージェムの「エンフォーサー」はスケルトンを死ににくするためです。ジェセスの武具セットを使うなら、これがあった方が無難です。
→読者の方から指摘いただきました(ありがとうございます)。スケルトンはどうもHP方式ではなく、24回攻撃を受けると消滅するといった特殊仕様のようです。なので、エンフォーサーはダメージアップに貢献はしても、文中に書かれているような死ににくくするのには役に立ちません。

追記:アップデートで他のペットと同じくライフ方式になりました

また、今回は物理属性で、「クリスビンの宣告」を使っていないため、攻撃ジェムは「ゼイの復讐の石」にしてみました(2.6.0では、術者と敵の距離を基にペットにもダメージボーナスが適用されるという話です)。

従者はいつもの使いまわしです(コーマック、サンダーフューリー、魅惑の味、ヨハンのエス、バル=カソスの結婚指輪、結束の指輪、偏差の凍結)。

解説

※ラスマの骨の時とほぼ一緒ですが、説明しておきます

遠隔攻撃ペットの「スケルタル・メイジ」がメインのビルドです。

トラグセットの場合は、ルーンに「ライフ・サポート」を選ぶとそれだけで3300%のボーナスがつきます。ラズマセットは2500%ですから、基本スペックからして少し高めです。

これを「ネイラジュのエヴォルの輪」で素早く大量に召喚します。

  • ネイラジュのエヴォルの輪Circle of Nailuj’s Evol
    • 指輪
    • <スケルタル・メイジ>使用時に2体のスケルタル・メイジが召喚されるようになる(1体追加)。また持続時間が[2-4]秒延長される

スケルタル・メイジの最大召喚数は10体です。このアイテムがあれば、召喚回数は5回で済みます。

また、「タスカーとセオ」を使うと攻撃速度が上がるため、火力も倍増します。

  • タスカーとセオTasker and Theo
    • 手袋
    • 召喚したペットの攻撃速度が[40-50]%上昇する

ネクロの2セットアイテム、「ジェセスの武具」も併用します。

  • ジェセスの武具Jesseth Arms
    • ジェセスのスカルサイス(片手用)
    • ジェセスのスカルシールド(オフハンド)
    • 2セットボーナス
      • コマンド・スケルトンの標的が死亡すると、スケルトンたちは自動的に近くの標的を攻撃する
      • スケルトンに標的を攻撃するよう命令すると、すべてのミニオンの与えるダメージが400%増加する

「コマンド・スケルトン」発動中はすべてのペットのダメージが増えます。これで「スケルタル・メイジ」のダメージを増幅します。「コマンド・スケルトン」のルーンには「ダーク・メンディング」にしていますのでライフ回復効果もあります。

武器のレジェンダリーは使いやすさ重視で「レイリナのシャドウフック」にしています。

  • レイリナのシャドウフックReilena’s Shadowhook
    • 大鎌(両手用)
    • エッセンス最大値1ポイントごとにダメージが0.5%増加し、<ボーン・スパイク>が敵に当たるたびに、エッセンスが[2-5]追加で生成される

「循環の大鎌」の方が火力は出そうですが、「ボーン・アーマー」の効果時間が短くなってしまいます。また、レイリナなら「ボーン・スパイク」の使い勝手もよくなります。

死体の再利用方法は、どのスキルも悪くないと思います。私は操作が忙しくなって、「コマンド・スケルトン」を使うのを忘れがちなので、壁役にもなる「大蘇生」といったところです。「コープス・エクスプロージョン」もかなり良さそうでした。

防御面補足

・「生気あふれる宝石」で操作障害無効
・「ローネルのサンストーン」でダメージ軽減
・従者との「結束の指輪」のコンボ

パッシブの「輪廻転生」+レジェンダリーの「リーパーの腕甲」でライフとエッセンスの回復を強化しています。

あと武器に「命中時にライフ回復」がついてないため、それほど効果は期待できませんが、パッシブの「不気味な奉仕」+ペットの攻撃でライフ回復もあります。

感想等

エンシェント武器なし、エンシェント強化なしでGR70余裕気味でした(挑戦2~3回でクリア)。ネクロのプレイ日記で書いた4つのビルド(セット)の中では、一番パワフルだと思います(あくまで私がプレイした範囲の話です)。地道に強化していけば高GRもいけそうな感じです。

トラグを使った他のビルドも少し書いておきます。

ブラッド・ノヴァ系

レジェンダリーの「鉄のバラ」を基点に、デス・ノヴァ系を伸ばしていくという方向です。プライマリを撃ってるだけでセカンダリが勝手に発動、しかもトラグセットのボーナスも乗るというのが魅力です。

  • 鉄のバラIron Rose
    • フィラクテリー(オフハンド)
    • <サイフォン・ブラッド>で攻撃すると、[40-50]%の確率で<ブラッド・ノヴァ>が発生する

サイフォン・ブラッドを使うと、確率で「デス・ノヴァ」のルーン「ブラッド・ノヴァ」が発動します。この特殊効果で発動した「ブラッド・ノヴァ」にもトラグの6セットボーナスが適用されます。

また実験した限りでは「循環の大鎌」のボーナスもこの特殊発動の「デス・ノヴァ」にも適用されます。

装備=「循環の大鎌」+「鉄のバラ」
キューブ=「レイリナのシャドウフック」←両手用

スキルスロットも1つ浮くので、セカンダリー代わりに「コープス・ランス(血の槍)」を入れ、また「死者の軍団(死の嵐)」を併用すると、なかなかバランスはいいと思います。ただ、同じ装備レベルなら、ペット・ビルドの方がお手軽に強かったです。

→間違いの訂正です。スキルに「デス・ノヴァ」をセットし、かつルーンを「ブラッド・ノヴァ」にしておかないと、トラグオウルの6セットボーナスは乗らないそうです。

ボーン・スピア系

「ボーンスピア」で雑魚を倒し、そこから「コープス・エクスプロージョン」といったパターンもやってみました。エリートは、死体スキル使いたい放題の「死者の大地」からの「コープス・エクスプロージョン」連射で倒すというアイデアです。

プライマリを「サイフォン・ブラッド」のルーン「ブラッド・サッカー」にしておくと、ライフ・オーブを自動的に引き寄せるため、プライマリーも織り交ぜつつ「コープス・エクスプロージョン」を連射するとなんとか生き残れます(パッシブの輪廻転生を併用)。

「ボーン・スピア」で雑魚をサクサク倒せる難易度であれば、ボンバーマン系で結構面白いです。ただ、前回の日記の悪疫セットのビルドと同じく、1回のクールダウンでエリートを倒しきれないとその後が大変です。

あとがき

日記なのか攻略なのかよくわからないシリーズでしたが、いちおうこれで一区切りです。間違ったことを書いてないといいのですが……。これから公式掲示板やDiabloFans、YouTube等いろいろ見ていこうかなというところです。

クルセイダー以来の新クラスということで、個人的にはかなり楽しめました。前にも書きましたが、こんなことならウィッチドクターではなく最初からネクロを採用しておけばよかったのにという感じです(笑)。

ちなみに、LoNビルドは全くやってません。セットアイテムとの組み合わせでは、使いどころがピンと来ないレジェンダリーも多かったので、活用例などが気になっているところです(反射ビルドとか)。

62
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. 匿名 より:
    いつも参考にさせていただいています。トラグ=オウルシリーズは、ネクロを始めて最初にそろったシリーズだったので使っていました(今は他のシリーズもそろったので試行錯誤中)。 当時は他の装備が全然そろっていなかったこともあって、スケルタルメイジは特異点、枯渇しがちなエッセンスを暴食のオーラで補填するという自転車操業みたいなことをしていましたが、本当に火力は高いですねこのセットは。おかげで想定よりも高いリフトをクリアできていました。…ライフに不安が付きまといますけども。 ネイラジュのエヴォルの輪がようやく手に入ったので、また戻ってみようかな…。
    • 犬丸 より:
      DiabloFansを少し見ている際中ですが、スケルタル・メイジの「特異点」+ネイラジュも強いみたいですね。エッセンスが0になってしまうのでレイリナとの相性はいまいちかなと思ったのですが。
  2. BO より:
    >こんなことならウィッチドクターではなく最初からネクロを採用しておけばよかったのにという感じです(笑)。 2度目という事は冗談めかした本気と受け取ってもよろしいのでしょうか。そうであれば大変残念です。ウィッチドクターを運用する面白さはご理解頂けなかったようですね。両者の差異にお気づきになっていない訳でもないでしょうに。
    • 犬丸 より:
      >BOさん
      ウィッチドクターは実はあんまりやりこんでいません。言葉足らずだったと思うので少し補足しておくと、システム的な話ではなく、ビジュアルや雰囲気の話だったりします。ディアブロ2に対するディアブロ3はスタッフ達に前作とは違うものをみたいな意気込みがあったように思います。アマゾンやアサシンに対するデーモンハンターは非常によくできていたと思います。ただ、ネクロに対するウィッチドクターは「どうしてこうなった!」感がぬぐえませんでした(特にWD男の容姿w)。結局、パラディンに似たクルセイダーが登場、そしてネクロが登場という流れを見た時に、最初からネクロにしておけば良かったのにという話です。
  3. 匿名 より:
    いつも参考にさせて頂いております。 コマンドスケルトンは必ず24回攻撃されると死ぬのでエンフォーサーの効果はありません。スケルタルメイジにエンフォーサーの効果が載るのかは勉強不足でわかりませんが、 気になった部分なので書き込みしました。 デスノヴァもスキルセットして、尚且つルーンでブラッドノヴァを選択しておかないとダメージにセット効果が発揮されません。
    • ウェイド より:
      エンフォーサーの効果はペットの耐久Upだけではないんだから、効果有りませんと断じるのは違うんじゃ無いの?
    • 犬丸 より:
      コマンドスケルトンは必ず24回攻撃されると死ぬ
      これ知りませんでした。指摘ありがとうございます。そうすると「囚われし者の悪夢」や「強者の悪夢」などが良さそうですね。 デスノヴァの件も私の思い込みです。助かります。
  4. 諾名 より:
    スケルタル・メイジをライフ・サポートルーンで使用してみたのですが、ラズマの骨と比較しても非常に弱かったので、本当に6セットボーナスの効果が乗っているのか疑問に感じています。コープス・ランスを血の槍ルーンで使用する分には乗っているようなので自分のビルドで欠落している要素は特に無いと思うのですが・・・。もしかしてパッチで修正があったのでしょうか?
    • 犬丸 より:
      そういう時は、ルーンなしの状態とルーンにライフサポートをセットした状態で敵に与えるダメージをチェックしてみるといいと思います。「追放された墓地」などへ行けばすぐにテストできます。
    • 諾名 より:
      御教授有難う御座います。試してみたところ、6セットボーナスの効果は適用されているようでした。ラズマの骨と比較して弱かったのは、偶々手持ちのラズマの骨セットの方が各装備スペックが高かった等が原因だったようです。ただ、私の拙いプレイヤースキルではライフの残量管理がやや難しく感じた点と個人的な好みの点でコープス・ランスを使う方が私には向いているように思いました。但しこちらも死者の大地のクールダウンが課題になりそうで、マルチではちょっと使い難いかなという気がしています。
  5. コウジ より:
    最近始めたものです。このビルドのドラグペッドの具体的な立ち回りと別日にかかれたラズマのペッドの立ち回りの違いはなんでしょうか?
  6. コウジ より:
    少し言い方が間違えました。 このドラグペッドの具体的な立ち回り方を教えていただけませんか?また別の日にかかれたラズマペッドとの立ち回りはこちらとどう違うのでしょうか?スキルの違いというより動きの違いもしりたくて。
    • 犬丸 より:
      >コウジさん
      けっこう前に書いたので、ぶっちゃけあまり覚えてなかったりします(ごめん!)。始めたばかりであれば、まずはわかりやすいラズマで遊んでみるのがいいと思います。トラグでペットなら、DiabloFansの以下のビルドガイドが立ち回りも細かく書いてあり参考になるかもしれません。
      https://www.diablofans.com/builds/91220-gr-90-blood-for-the-blood-god-pet-build-updated
      • コウジ より:
        返信ありがとうございます。 サイトを今確認しました、ドラグにら関して使ってるアイテムとかスキルははそちら様とほぼ同じなのでしょうか?立ち回りは翻訳したのですが、よくわからず取り敢えずボーンアーマーを最大維持して召喚もしまくってスケルトンをターゲットに突進させていく。死にそうならラッシュする。そんなとこでしょうか?4セットボーナスってライフ最大でさらにライフ蓄積なんでしょうけど、どのくらい蓄積してるのかが不明なのと、意図的にためるりよは知らぬ間に蓄積されるといったイメージなんですかね

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。