[プレイ日記] 2.3 モンクの旅 第五話①

ひとりで勝手にシーズン制。2.3を最初からプレイするチラシの裏的日記5-1。無駄に長いので時間のある時にどうぞ。

(前回の話)
少し装備が集まってきたので、T6へ突撃。そのままT6で遊んでいるうちに「ウリアナの戦略」2セットと、「千なる嵐の装束」2セットが揃う。最終的には飛龍杖とウリアナ4をゲットした。報酬クエスト10本、リフト43本終了。パラゴンレベル105

d3_d_monk_05_1_01

スポンサーリンク

装備チェックと今後の課題

カナイ・キューブのセット変換を使い、「ウリアナの戦略」の4セットが揃いました。

次なる目標
・「ウリアナの戦略」フルセット
・レジェンダリージェムのランク25ボーナス
・エンシェント版の武器
・T6高速周回
・T10リフト

気になっている点
・セット構成
・現在稲妻特化になっているが今後どうするか
・クールダウン短縮をどうするか
・武器の組み合わせ方はどれがいいのか

いつものように装備を貼っていきます。

d3_d_monk_05_1_eq1

d3_d_monk_05_1_eq2

d3_d_monk_05_1_eq3

d3_d_monk_05_1_eq4

d3_d_monk_05_1_02

d3_d_monk_05_1_03

変更箇所の補足

前回の日記の後に装備をリロールしたりしているので、いくつか補足しておきます。

ウリアナのリロール

肩当て 「防御力」→「生命力」
兜 「疾風掌破」→「クリティカルヒット率」

指輪

以前は2つともレアアイテムでした。素材に余裕があったので、とりあえず「バル=カソスの結婚指輪」を使うことにしました。

武器

「飛龍杖」もリロールしました。10回ぐらいを限度にリロールを開始したところ、途中で「ダメージ9%」がつきました。

キューブの抽出

「ライオンの爪」の2個目を拾ったので、ひとつをカナイ・キューブに抽出&装着です。

ステータス

DPS=628k
クリティカル・ヒット率=34.5%
クリティカル・ヒット・ダメージ=325%
属性ダメージ=稲妻属性+35%

ライフ 492,081

スキル(T6用セットアップ)

百烈拳(神速の拳)
爆裂掌(雷撃掌)
七星死戯(急襲)
天啓(砂の衣)
疾走撃(活力)
救済の真言(忍耐)

(パッシブ)
死地からの生還
イタールの灯
先手の達人
第六感

カナイ・キューブ

武器:ライオンの爪
防具:角弓使いのブレイサー
アクセサリー:ヨハンのエス

レジェンダリージェム

稲妻の石
液状化したヌーの内蔵
絶望せし者の石

パラゴン

主要能力値→移動速度+敏捷性
攻撃→クリティカルヒットダメージ
防御→全耐性
ユーティリティ→攻撃あたりのライフ回復量

まとめ

ウリアナが4揃ったので、「七星死戯」をスキルに追加。代わりに「双身」を落としました。「双身」で稼いでいた「秒間ライフ回復」をレジェンダリージェムの「液状化したヌーの内蔵」で補うという形になっています。
また、「七星死戯」の回数を増やす「ライオンの爪」をキューブ化しました。
属性は稲妻で統一しています。

d3_d_monk_05_1_04
▲ステータス面は前回よりもバランスが良くなってきました。クリティカルヒットダメージも300%を超えていますし、全耐性をかなり上がっています

ウリアナ4でトレハン開始

ウリアナ4セットが揃ったということで、早速T6でトレハンを再開します。

ちなみに、モンク関連の動画やDiabloFansのビルドガイドは全く見ていません。スキルやアイテムの仕様については、それなりに調べながらやるつもりですが、けっこう手探り状態です。もしかすると見当違いのことを書く可能性もありますのでご注意ください。間違っていることは判明次第、後から訂正を入れる形になります。

4セットのインプレ

モンクはレベル1からプレイしたことが何度かあります。しかし、「七星死戯」を本格的に使うのは、今回が初めてです。ウリアナ4と「ライオンの爪」の実力や如何にということで、行ってみました。

その結果は……T6ボス瞬殺です。予想以上の強さでした。単体相手には滅法強いです。

d3_d_monk_05_2_01
▲ヨハンのエス+爆裂掌+角弓使いのブレイサーの相性は抜群です。たまに絶妙のタイミングでヨハンのエスの吸い込みが発動するので、病みつきになります

d3_d_monk_05_2_02
▲七星死戯発動

d3_d_monk_05_2_03
d3_d_monk_05_2_04
▲残りライフ8割のボスを一瞬で葬り去ります

スキル「七星死戯」
コスト:50スピリット
クールダウン時間:30秒
付近の敵の間をすばやく駆けめぐり、7回の攻撃で武器ダメージの5677%のダメージを与える

「ウリアナの戦略」
(4)セットボーナス:
・<七星死戯>による合計ダメージが、一撃ごとのダメージとして適用される

「ライオンの爪」
レジェンダリーパワー:
<七星死戯>使用時のヒット数が7回増加する

↓↓
30秒に1回、武器ダメージの5677%のダメージ×14回

こうやって書き出してみると強いですね。ということで、まず「絶望せし者の石」を「強者の悪夢」に変更しました。現時点では、リフトガーディアンは全く問題ないので、他のジェムの方が役に立ちそうという判断です。

それと、<七星死戯>がこれだけ強いとなると、クールダウン時間を14秒にしてくれる「連撃」のルーンに惹かれます。

問題は属性です。「連撃」のルーンは物理属性で、現在は稲妻特化。以前は火炎特化にしようかと思案しましたが、今度は物理特化に傾きます。

ダイスの神様のお告げ

しかし、属性装備は揃えるのが大変です。特にアミュレットがやっかいです。現在は稲妻+20%のついた「スンウコーの輝き」を装備しています。それに合わせて腕甲も稲妻にしています。

d3_d_monk_05_2_d1
▲物理付きのアミュレットが出ました。しかしスタン型のビルドではありませんし、特性のつき方も微妙です

d3_d_monk_05_2_d2
▲できれば稲妻は捨てたいのですが、ダイスの神様は強力にプッシュしてきます

d3_d_monk_05_2_d3
▲その後また「雷神の血気」が出ました。今度は可変値最大の稲妻15%です

d3_d_monk_05_2_d4
▲ストロングアーム・ブレイサー(エンシェント)が出たので、リロールしてみたところ、最初に来た可変値最大は、やっぱり稲妻属性

このモンクは稲妻を使う運命にあるのでしょうか。こうなったらということで、ずっと保留していた「スンウコーの輝き」をリロールすることにします。

d3_d_monk_05_2_d5
▲「稲妻属性+20%」を残し、「敏捷性」を削って「クリティカル・ヒット・ダメージ」を狙います

d3_d_monk_05_2_d6
▲わずか4回のリロールでした。あんぐりです。思わず画面を指さしちゃいました。あ、石を投げるのはやめてください!

もうダイスの神様の言う通り、という気分になってきます。

リフト10本の収穫

リフト44本目→53本目
難易度T6 or GR25
PL105→125

収穫:
・ティラエルの偉力(エンシェント)
・アーセフの命の煌めき
・悔悟室の指輪
・苦痛の触媒(ジェム)
・ナットクラッカー
・マロスの精神
・マロスの精神
・ヴァクソの憑依
・太極
・俊敏のゴゴク(ジェム)
・雷神の血気(稲妻+11%)

ギャンブル(腕甲)
・クレルムのもみ革腕甲(エンシェント)
・レアアイテムの腕甲(火炎+15%)
・ストロングアーム・ブレイサー(エンシェント)

ギャンブル(ベルト)
・ゴールドベルト
・雷神の血気(稲妻+15%)

・アーセフの命の煌めき
・アズ=タラスクの拳
・砕かれし杖
・時の芳香
・猛毒の石(ジェム)
・骸骨王の怒り
・氷映の石(ジェム)
・均衡
・最高天の使い

d3_d_monk_05_2_dr_1
▲vsデーモンは乗算らしいです。試してみたいけど、なかなか使う機会のないアイテムです

d3_d_monk_05_2_dr_2
▲「悔悟室(かいごしつ)の指輪」です。シェンロンセットで使えるかも?とりあえず保管です

d3_d_monk_05_2_dr_3
▲スタンとノックバック無効はけっこう良いと思います

d3_d_monk_05_2_dr_4
▲宝箱からポロリ。「アズ=タラスクの拳」もゲットです

d3_d_monk_05_2_dr_5
▲氷映の石がラストでした。これで全レジェンダリージェムが揃いました

ノックバックのテスト

腕甲を「ストロングアーム・ブレイサー」に変更したので、プライマリ・スキルも変えてみようと思います。

「雷鳴拳」の「迅雷」には三段目にノックバック効果がつきます。前回はこのノックバックが邪魔になると思い、テストから除外したのですが、使ってみるとノックバックは非常に地味でした。吹き飛ばすような感じでは全然ありません。

逆にストロングアーム・ブレイサーの効果があるのかどうか気になってしまいました。そこで確認のテストをすることに。

また脱線しますが、こういう時はネットで情報を探すよりも、自分で調べたほうが速い時もあります。「ググって15分、結局、見つからず」「自分で調べたら5分だった」みたいなことは珍しくありません。そのためのやり方を少し紹介します。

方法その1 スケルトン殴り

よくやるのはこれです。Act1の「追放された者の墓地」でお墓を壊すと、スケルトンが沸きます。町からすぐに行けますし、他の敵が滅多にいません。なのでテストしやすいです。

d3_d_monk_05_2_05

d3_d_monk_05_2_05a

方法その2 2コンで訓練場

余分なコントローラーとアカウントが必須です。訓練場(対人戦エリア)へ行って自分の別アカウントのキャラクターを相手にテストします。調べたいことによっては、これもありです。

d3_d_monk_05_2_06

方法その3 ゴーム戦

昔からある定番の方法です。
ストーリーモード>Act3>侵入された砦>大食の帝王ゴーム。これを選ぶと、数秒でボス戦に行けます。倒すまでの時間をストップウォッチで測って、比較したりします。

d3_d_monk_05_2_07

なお、テストの際はいろいろと注意が必要です。

今回は「ストロングアーム・ブレイサーの効果がちゃんと発揮されるかどうか」というテストです。こういう時は腕甲をつけかえたりしてはいけません。腕甲を変えてしまうと属性や敏捷性、クリティカルヒットなどの数字が変わってきてしまい、よくわからなくなってしまいます。

また、余計なものは必ず外します。条件によって攻撃力を変化させるようなパッシブスキル、セットボーナス、レジェンダリージェムなどが発動してしまうと、テストになりません。

d3_d_monk_05_2_08
▲今回の場合は、「旋風脚」の通常のダメージを何度かチェックしてから、雷鳴拳(迅雷)の三段目を当て、その後に、再び旋風脚を当ててダメージに変化があるのかを調べました

結果はOKそうです。ストロング・アームブレイサーの効果は普通に乗っているようなので、百烈拳から雷鳴拳(迅雷)に変えます。

ジェムのランク上げと今後の構想

再びT6トレハン再開です。レジェンダリージェムのランク25ボーナスを狙いながら、セット構成についてあれこれ考えます。

ランク25ボーナスを目指して

レベル70になったばかりなら、「稲妻の石」や「星編みの涙ミリナエ」のような石がすぐに役立つので重宝します。しかし、火力が上がってくると、それらの石の魅力は薄れてきます。

そこでランク25ボーナスを狙って、ジェムのランクをガンガン上げていきます。現在は、鉄板の「囚われし者の悪夢」を上げている最中で、まもなくランク25です。

上げ方はごく普通にGRのランク25をひたすらやるというスタイルです。ランク25近くになると、アップグレードの成功率は60%まで下がってしまいますが、これを100%にするにはGR34をクリアできないといけません(GR34はT8前後に相当します)。今のこのモンクでは、なかなか大変です。それよりはT6とGR25をサクサクこなして、数で勝負という感じでやっていきます。

現在の予定は、
①「囚われし者の悪夢」
②「液状化したヌーの内蔵」
③「俊敏のゴゴク」
その後、「絶望せし者の石」あたりをランク25にしようと思っています。余裕があれば、高速周回向けに「強者の悪夢」や「欲深き者の願い」も上げたいところです。

細かい話ですが「液状化したヌーの内蔵」はランク25が必須という訳ではありません。ランクを上げれば回復力が増すので、とりあえずの区切りとしてランク25にするという程度です。三番目の「俊敏のゴゴク」はランク25ボーナスのクールダウン短縮効果が狙いなので必須です。

セット構成と重要装備

「ウリアナの戦略」は全部で6点あります。兜、胸当て、ズボン、ブーツ、肩当て、手袋のオーソドックスな構成、ボーナスも2、4、6と一般的です。

残念なのは他のセットと組み合わせが難しいということです。調べる前は、「千なる嵐の装束」2セットと、組み合わせられるんじゃないかと期待していたのですが、これは無理でした。部位が全く同じなので、「王家の威光の指輪」を使っても組み合わせられません。

考えられる組み合わせ(モンクの防具セット)

フルセット
1)ウリアナ6+イナ4+王家
2)ウリアナ6+猿王2+王家

フルセット以外
3)ウリアナ4+千なる嵐2
4)ウリアナ4+千なる嵐4+王家
5)ウリアナ4+猿王4+王家
6)ウリアナ4+イナ6+王家

1と2はそれほど魅力がありません。

ウリアナ5点+イナ3点+王家の威光の指輪という構成の場合、武器もベルトもイナで固定です。これはいまひとつです。

猿王はウリアナ5点+猿王2点+王家の威光の指輪という構成です。念のためテストしてみたのですが、ウリアナ2点の効果で爆裂掌が付与されても、分身は発生しません。なので、猿王2点を絡めるメリットは少ないと思います。

現在の構成はこの3ですね。4と5は試す価値があるかもしれません。

6番のイナ6は、双身が放つ<七星死戯>に各種ダメージ補正が乗らない気がします。たしか猿王4+イナ6がダメだったので、あまり期待できません。

ウリアナ6セットの場合

という訳で、「王家の威光の指輪」なしの、普通に6セット揃えるのが順当のようです。この場合、フリーな部位は、腕甲とベルト、アクセサリー、武器です。

2.2の流れから言って、指輪は自制/集中のセット、アミュレットは属性無効やヘルファイアあたりが定番になりそうです。

腕甲は「魂の守り」か、既に使っている「角弓使いのブレイサー」が有力候補です。高速周回等では、「ワーゼチアン・アームガード」「宿敵の腕甲」も悪くないでしょう。

ベルトは2.3で追加された「失踪者のベルト」を始め、「削いだ耳の腰帯」、「自警団のベルト」など、選択肢はいくつかありそうです。

武器は、「永遠の流れ」や「ライオンの爪」、「アズ=タラスクの拳」あたりでしょう。おそらく既に定番になっていると思います。今の印象では、クールダウン半減の「永遠の流れ」が筆頭で、次点で「ライオンの爪」、その次が「アズ=タラスクの拳」という感じです。

それと、精神の石に「凶石」というのがあります。<七星死戯>に<爆裂掌>の効果が加わるというレジェンダリーパワーです。使ったことがないので、メカニズムがわかりません。ライオンの爪と絡めて、全ヒットで爆裂掌付与&6セットによる強制着火なら、すごいことになりそうです。どんな感じになるのか楽しみです。

リフト10本の収穫

■リフト54本目~63本目
難易度:T6/NR or GR25
PL125 →PL146

収穫:
・角弓使いのブレイサー(火炎+15%)
・眼球の指輪
・ラディエーター・ガントレット
・エトリックの瞳
・バル=カソスの結婚指輪
・焼けつく空の仮面(エンシェント)

ギャンブル(胸当て)
・テイラエルの偉力
・ブラックソーン卿のサーコート
・チェイングメール

・イナの手
・属性の集合体
・大寺院の香炉杖
・ウリアナの重責(ズボン) ウリアナ5個目
・イナの手袋
・自警団のベルト
・ブラックソーン卿の網み目入りベルト

ギャンブル(胸当て)
・鉄の心
・ゴールドスキン

・ツォ・クリンの眼差し
・ロンダルのロケット
・逢魔が刻の面頬

ギャンブル(胸当て)
・砕波の心
・シ・ミズの羽織り
・ゴールドスキン

d3_d_monk_05_3_d1
▲火炎属性の角弓使いのブレイサーも来ました。しかし、可変値は15%でした

d3_d_monk_05_3_d2
▲「囚われし者の悪夢」が無事ランク25になりました。「稲妻の石」を外して、こちらに変更します

d3_d_monk_05_3_01
▲途中でT7へ遊びにも行っています。クリアはもちろん可能ですが、それなりに死にました。難易度+1の差は意外にあるような気がします

d3_d_monk_05_3_d3
▲属性の集合体がようやく出ました。デフォルトで「ソケット」+「クリティカル・ヒット率」がついているのがうれしいです

d3_d_monk_05_3_d4
▲ウリアナの5個目が出ました!! 6セットまで、あと一歩です

d3_d_monk_05_3_d5
▲クールダウン時間短縮が必ずつくベルトです。可変値は最大の8%と良好です

d3_d_monk_05_3_02
▲属性の集合体が出たので、タイミングを合わせて<七星死戯>を狙うという楽しみができました

d3_d_monk_05_3_03
▲神聖ブーストから、稲妻ブーストに変わった瞬間です

d3_d_monk_05_3_04
▲タイミングが合うとまさに瞬殺です


長くなってしまったので、ここで一旦終了です。このまま後半に続きます。

0
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。