PS4 Diablo3 [雑記]
クラウドコントロール関係のメモ

クラウドコントロールや、囚われし者の悪夢、ストロングアームブレイサーなどに関するちょっとした説明です。

2.3テスト版のパッチノートのクラウドコントロール(Crowd Control)の翻訳がけっこう間違っていました。申し訳ないです。

UniqloさんのD3 Watchを見て気づきました。密かに感謝です。

2.3が来たら、改めてまとめる予定ですが、少し書いてみました。
いくつかのクラウドコントロール関連のアイテムやスキルについても解説しています。

スポンサーリンク

クラウドコントロール(Crowd Control)

クラウドコントロールとは?

元々は社会学系の用語みたいです。直訳すると群衆管理といったところでしょうか。ネットで検索するとデモと機動隊の写真が出てきたりします(;´∀`)

オンラインRPGでは、モンスターを眠らせたり、足止めしたりして、敵の集団や戦況をコントロールすることを言います。また、行動を封じる魔法やスキルの総称にもなっています。それぞれの魔法名をいちいち書くのが大変なため、まとめてこう呼ぶようになったという感じです。

Crowd Controlなので、CCと略します。

Diablo3では、クリティカルヒット率(Critical Hit Chance)も、CCと略されることが多いので注意が必要です。

■MMORPGのクラウドコントロール
スリープ(Sleep)
スタン(Stun)
チャーム(Charm)
サイレンス(Silence)
ルート(Root)
スネア(Snare)

Diablo3におけるクラウドコントロール

Diablo3には「操作障害」(Control Impairing Effect)という用語があります。基本的には同じような意味です。しかしプレイヤーはもちろん、開発者まで「クラウドコントロール」の方を使ってたりします。

Diablo3のクラウドコントロール

日本語英語
暗闇Blind
冷気に包むChill
凍結Freeze
移動不能Immobilize
移動速度低下Slow
スタンStun
恐怖状態Fear
ノックバックKnockback
混乱Confusion
魅了Charm
挑発Taunt

詳しく調べはじめると、原文(英語)にあたる必要が出てきますので、英語名で説明していきます。

Chill(冷気に包む)、Freeze(凍結)、Slow(移動速度低下)

ChillとFreezeの違いは、宅急便の冷蔵と冷凍を思い浮かべればわかりやすいでしょう。
Chilled=チルド(冷蔵)=冷却
Freeze=冷凍=凍結

Chillは移動速度の低下です。以前は攻撃速度低下もあったようですが、現在はなさそうです。

Slowも移動速度の低下のみです。一般的なRPGでは、攻撃速度の低下を含むことが多いので勘違いしやすいです。

Chill=Slow=海外RPGで言うSnare(鈍足)という理解であっています。

なお、冷気属性の攻撃自体にはChillやFreezeといった特別な効果はありません。スキルに明記されていない限り、属性が冷気になるだけだと考えた方が無難です(デーモンハンターの「処刑者」は発動しません)。

また冷気ダメージのついた武器で攻撃してもChill効果は発生しません。

Stun(スタン)、Freeze(凍結)、Blind(盲目)

StunとFreezeはほぼ同じ効果です。ただし、システム上はStunとFreezeは別物です(自信なし)。

BlindもStunやFreezeとかなり似ています。敵の行動を封じるという点では全く同じです。ただ、「挑発」などを使うとBlind中でも敵は移動します(その場合も、攻撃はしてきません)。

Charm(魅了)とConfusion(混乱)

  • Charmされたモンスターは味方として戦います。ただし、特殊能力は使いません
  • 他のモンスターは、Charmされたモンスターを敵とみなし、攻撃します
  • プレイヤーはCharmしたモンスターを攻撃することもできます(効果時間内なら、攻撃してもcharm効果は解けません)

Confusionも効果はほぼ一緒のようです。ごく一部のスキルにしかありません。


ウィッチドクターの「混沌の嵐」
エンチャントレスの「混乱」

Immobilize(移動不能)

いわゆるRoot(足止め)のことです。エリートモンスターの使う「牢獄」は、Root+ダメージです。

Fear(恐怖状態)

行動を封じる+強制的に移動という効果です。エリートとの戦闘中に、あさっての方向に走りだすことがあります。あれがFearです。頭上にドクロマークが出るかどうかで判別できます。

ウィッチドクターの「恐怖の顔」にはImmobilizeの効果が追加されているので、StunやBlindと同じような感じになります。

モンスターのクラウドコントロール耐性

■基本メカニズム

  • 耐性0%からスタートします
  • CCされている状態1秒につき、CC耐性が10%上がります
  • CCされていない状態1秒につき、CC耐性が10%下がります
  • 耐性値に応じて、CCの効果時間が短縮されます

■細かな仕様

  • 一般的なCCは、効果時間が0.65秒以下の場合は無効となります(ボスは0.85秒以下の場合は無効と昔の記事には書かれています。要検証)
  • CC耐性の上限は95%です(2.3前は65%~70%)
  • ノックバックはCC耐性が65%になると無効になります
  • 移動速度低下系は、一律25%減少になります。効果時間は変わりません。CC耐性の変動とは無関係です


最初の攻撃でウィザードが3秒凍結のスキルを使ったとします。最初はモンスターのCC耐性は0%なので、3秒フルにスタンします。しかし、モンスターのCC耐性は30%に上がります。

続けてウィッチドクターが4秒恐怖状態のスキルを使ったとします。CC耐性は30%になっているため、4秒×0.7 = 2.8秒に減ってしまいます。CC耐性は2.8秒=28%上がり、合計で58%になります。

その後5秒間は何もCCしなかったとします。そうすると58%-50%で、8%に下がります。

このような仕組みなっているそうです。

■参考資料
Mechanics And Game Information Compendium(2.0.6の記事)

Developer Journal: Crowd Control Changes(2012年の記事)

2.3テスト版パッチノートの件

2015/08/27追記:
このパートは情報が古くなっています。
正式版のパッチでは、CC耐性20%スタートの記述はありません。
キャンセルとなったようです(スタート時のCC耐性は従来通り0%で変更なし)。

・CC耐性の上限が65%から95%に引き上げられます
・Slow系以外の大半のCCはスタートが0%ではなく20%になります
・ノックバックはCC耐性が65%になると無効になります


最大で効果時間95%カットになるので、長時間連続でCCし続けるのは不可能です。
上で書いたルールがあっているとすると、次のようになります。

2.2現在
3秒のスタンは、CC耐性の上限70%の状態でも3 * 0.3 = 0.9秒の効果
0.65秒以上の効果時間があるので、有効です。

2.3(予定)
3秒のスタンは、CC耐性の上限95%になると、3 * 0.05 =0.15秒の効果
0.65秒以下になるため、無効となります。

ボスに対しては最低必要な効果時間が、0.65秒なのか0.85秒なのかわからないのですが、0.65秒だったとしても、 0.65 / 0.05 = 13秒です。
モンスターのCC耐性が95%の時は、13秒以上のCCでなければ、無効ということになります。
ドヴのエナジートラップ(Dovu Energy Trap)を使っても、11秒(10.4秒)のスキルが必要になる計算です。

単純に言えば、7~8秒でSlow系以外のCCは一旦無効になります。
(耐性20%スタートで7.5秒で耐性が95%に到達)

囚われし者の悪夢


■囚われし者の悪夢(Bane of the Trapped)
部位:レジェンダリージェム
効果:
・操作障害効果を受けている敵に対するダメージが[15%]増加する
・ランクアップごとに+0.3%
・ランク25ボーナス:15ヤード以内の敵の移動速度を30%低下させるオーラをまとう

「囚われし者の悪夢」を発動させる操作障害

日本語英語囚われし者の悪夢(BotT)
暗闇Blind
冷気に包むChill
凍結Freeze
移動不能Immobilize
移動速度低下Slow
スタンStun
恐怖状態Fear
ノックバックKnockback×
混乱Confusion
魅了Charm
挑発Taunt×

*Knockup、Pull、PushもKnockback扱いなので×

補足説明

  • ノックバックは操作障害だと思いますが、囚われし者の悪夢は現在のところ機能しません(仕様)。言葉に囚われると、ややこしくなります(まさに囚われし者の悪夢!)
  • ノックバックには、ノックアップ(knockup)、プル(pull)=吸い込み系、プッシュ(push)が含まれます
  • 操作障害を与えるのは誰でもかまいません(他のプレイヤー、従者、ペット)
  • 恩恵を受けるのは、このジェムを装備している者だけとなります
  • ランク25ボーナスの効果は「操作障害」に該当します
  • ダメージボーナスは単独で乗算です
  • 活用するなら、できるだけコンスタントに操作障害を与えられるようなスタイルを目指しましょう

実例等

近接クラスや近接ビルドは、ランク25ボーナスがあるので省略します。各クラスのスキル等は実用的なものをいくつか挙げます。書かれていないものもたくさんあります。

汎用

冷気系スキル+レジェンダリージェムの「氷映の石/Iceblink」
従者に「サンダーフューリー/Thunder Fury」

発動しないアイテム
「バル=カソスの結婚指輪/Bul-Kathos’s Wedding Band」
(以前はChillオーラがあったそうですが、修正されました)

デーモンハンター

セントリー(ポーラーステーション)
エレメンタルアロー(フロストアロー)
エンタングリング・ショット
カルトラップ
ボラ(フリージング・ストライク)

発動しないスキル→復讐の雨(スタンピード)

ウィッチドクター

たくさんあります。ただ、コンスタントに当てるとなると意外に少ないですね。

「憑依」には元々Slowがついているので、これが一番お手軽です。「毒矢」や「蜘蛛の壺」にもSlowのつくルーンがあります。汎用性が高いのは、あとは「呪詛」の豚さんぐらいでしょうか。魔除けのホムンクルスがあれば、「滅私(黒い血)」のスタンという手もあります。
サポート系なら当然「恐怖の顔」がよいでしょう。

「ピラニア」は凍結ピラニアのルーン以外は、発動しないようです。

ウィザード

スロウ・タイム
ブリザード(氷結の吹雪/他)
メテオ(霧氷の星)
レイ・オブ・フロスト

マジック・ミサイル(グラシアル・スパイク)
テレポート(カラミティ)
稲妻系スキル+パッシブ「感電」
パッシブ「魂の奔流」

発動しないスキル→ブラックホール

■バージョンアップのメモ
2.1.1で、Freezeで発動しないバグが修正されました
2.1.2で、BlindやConfusionで発動しないバグが修正されました

■参考資料
[Mechanics] Proccing BotT and Zei in 2.1.2

[VUDU] Pet Damage 7. Some Popular Legendary Gems & Items

ストロングアーム・ブレイサー


■ストロングアーム・ブレイサー(Strongarm Bracer)
部位:腕甲
効果:ノックバックさせた敵に与えるダメージが[20-30]%増加する。この効果は敵が着地してから5秒間継続する

発動条件

1)ノックバック耐性のある大型のモンスターや、リフトガーディアン、Actボスなどには無効です

2)ストロングアーム・ブレイサーを装備した本人によるアクションでのみ発動します。ペットや従者では発動しません

3)基本的には、ノックバック(knockback)、ノックアップ(knockup)、プッシュ(push)、プル(pull)といった効果で発動します。ただし、Push/Pullの場合は、対象が強制的に移動させられたかどうかが重要だそうです。

※pullというのは吸い込み系全般を指します

PaulNg氏の検証動画
ピラニア(ピラネード)でモンスターの位置が動かなかった場合と、動いた場合のダメージの比較動画です。ピラニア(ピラネード)なら必ず発動するということではなく、敵を動かしたかどうかで決まります。クールダウンもあるので、トリガーとしては、それほどアテにはならないということです。

ダメージ計算

一般的な弱体化に相当します。
いわゆるクラスAカテゴリになります。
同カテゴリーの他の効果と加算されてから乗算です。
表記DPSには反映されません。

マルチプレイ時のダメージ

■自分だけでなく他のプレイヤーにも恩恵があります

プレイヤーAがストロングアーム・ブレイサー(30%)の効果をモンスター1に発動。
プレイヤーB、C、Dのモンスター1に対する攻撃は5秒間、30%増加。

■複数のプレイヤーが使った場合は?
複数のプレイヤーがストロングアーム・ブレイサーを使った場合も効果は重複します。
ただし、条件はシビアなので効果はそれほど期待できないです。

ノックバックのアニメーションの最中は、他のプレイヤーのノックバック効果を受け付けません。ノックバックのアニメーションが終わった時に、他のプレイヤーのノックバックがうまく入れば効果が重なります。効果時間は5秒しかないので、4人分同時(30%*4=120%)みたいな期待はしないほうが良いです。

※重要
ノックバックで敵を散らすと、まとめて倒せなくなって余計に時間がかかる可能性があります。ダメージアップのつもりが、むしろ下がることになるかもしれません。

トリガーになるアイテム等

  • ハルシオンの昇天(Halcyon’s Ascent)
  • ヨハンのエス(The Ess of Johan)
  • ノックバック効果のつく武器全般
  • 俊足の塔門(Speed Pylon)

■参考資料
[VUDU] Pet Damage 7. Some Popular Legendary Gems & Items

デーモンハンターの「処刑者」


■処刑者(Cull the Weak
効果:スロウまたは冷気に包まれた状態の敵に対するダメージが20%増加する

・ダメージボーナスは単独で乗算です
・SlowとChillで発動します(Freezeでは発動しません)
・ペットや従者によってSlowやChillになった敵にも有効です

囚われし者の悪夢(Bane of the Trapped)とセットで運用する人が多いと思います。しかし、デーモンハンターの遠距離ビルドでSlowやChillをコンスタントに与えるのは難しいようです。

従者に、サンダーフューリーを持たせれば、イゥン=ジャン=ドゥが使えなくなります。氷映の石を使うと、ゼイや太極のどちらかを削ることになったりします。悩ましいところですね。

廃人クラスになると、アイテムのセカンダリに、操作障害系の特性をつけて補強するようです。エンシェントでリロールが余るような良品が必要です( ´∀`) ムリ

2
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。