[雑記] Diablo3 パッチ2.3
バーバリアンのビルドメモ

2.3バーバリアンのランキングとかビルドを眺めてみたというお話(眺めただけかい!)。

パッチ2.3になってそろそろ2ヶ月です。既に飽きちゃった人もいるとは思いますが、いかがお過ごしでしょうか?私はモンクの日記分ぐらいしかプレイしていないという状態で、メインのバーバリアンをようやく始めようかな(どうしようかな)というところだったりします(激遅!!)。そんな訳でバーバリアンの最近の様子を調べてみました。

スポンサーリンク

PC版ランキングと人気ビルド

PC版のインゲームで見ることのできるランキングです。こちらはランク入りした時の装備やスキルが記録されるようになっています。ただ、ワールドワイドではなく、北米サーバーのランキングです。

シーズン4

d3_barb_r_s4_1023
▲2015年10月23日のPC版ランキング

ランク1位はGR76(Alkaizer先輩です)。
不死王6+荒地2のレンド&ワールウィンドです。

d3_barb_r_s4_1023_r1
▲パラゴンレベルを見たら、もう言うことないっす。「範囲ダメージ」を肩当て、手袋、指輪2個で積んでます(指輪はCHC、CHD、ソケット、範囲ダメージです)。それ以外は比較的オーソドックスな構成です。ジェムのランクは82~88、ヘルファイア・パッシブは「一騎当千」でした

Alkaizer’s Rank 1 Rend/WW build

Rank 1 NA GR 76 Barb(youtube)

<関連アイテム>
マイティ・ベルト「ラメンテーション/Lamentation」
効果:レンドの効果が敵に2回まで蓄積する 


ランク2位はGR74。
荒地6+バルカソス(二刀流)のワールウィンド・ビルドです。

d3_barb_r_s4_1023_r2
▲武器は攻撃速度とクールダウン両方稼いでました。ジェムのランクは79~85、ヘルファイアのパッシブは「バル=カソスの恩寵」でした

「属性の集合体」+「ゾディアックリング」+「結束の指輪」という構成で、「自制」と「集中」は使いません。プライマリ(大抵はフュリオスチャージ)のスキルスロットが空いた分で、恐怖の雄叫び(嘲笑)を使っています。これにはダメージ軽減+敵を集めるという効果があります。

Grift 72+ Solo Whirlwind Build
↑このビルドガイドが一番似ている構成です

<関連アイテム>
■カシウスの矜持/Pride of Cassius
効果:<イグノア・ペイン>の効果時間が[4-6]秒延長される
(マイティ・ベルト)


100位(GR70クリア)ぐらいまでざっとチェックしたところ、基本的にこの2つのビルドのどちらかでした。割合は半々ぐらいな印象です(数えたわけではないです)。

ちなみに、PC版のランキングは1000位まで見れます。1000位はGR65クリアです。

ノンシーズン

ノーマルモードです。

d3_barb_r_n_1023
▲2015年10月23日のPC版ランキング

不死王6+古の大鎚を使ったビルドはシーズン4のランキングでは見つけられませんでした。しかし、ノーマル(ノンシーズン)のランキングでは、上位の大半が不死王6+古の大鎚を使ったビルドになっています。

レジェンダリージェムの「絶望せし者の石」がノンシーズンでは出ないため、その関係でしょうか(リフトガーディアン戦が長引くため、単体DPSに優れた古の大鎚の方がクリアしやすい?)。

ただ、1位は不死王6+荒地2のレンド&ワールウィンドでした。2位は異色の「イストヴァンの双刀」を使った「古の大鎚」ビルド。3位はオーソドックスな「古の大鎚ビルド」でした。

ノンシーズンの1000位はGR62クリアです。私はこの辺が目標ですね。

d3_barb_r_n_1023_r2
▲2位の「イストヴァンの双刀」+古の大鎚。攻撃速度の上がる汎用セット剣です。両手用武器「裁きの小槌」+キューブ化ファーネスにもひけをとらないというのは意外でした

[2.3] Hota Barb – Solo – 60+
↑古の大鎚の一般的なビルドガイド(DiabloFans)

[Guide] HotA: Gavel Build
↑詳しい解説は公式掲示板のこのガイドが良いです

[Seasonal] Uberjager’s Istvan’s HoTA GR71+
↑「イストヴァンの双刀」を使ったバージョン

<関連アイテム>
■最初の人々の腕甲/Bracers of the First Men
効果:<古の大槌>による攻撃速度が50%上昇し、与えるダメージが[150-200]%増加する


■裁きの小槌/The Gavel of Judgment
効果:<古の大槌>で攻撃した敵が3体以下の場合、フューリーが[20-25]返還される
(両手用マイティ・ウェポン )


①不死王6+荒地2/レンド&ワールウィンド
②荒地6+バルカソスの誓い/ワールウィンド
③不死王6/古の大鎚

という訳でPC版は上記の3つのビルドが主流になっています。

コンソールでどれぐらいまでいけるのかはさっぱりわかりません。お手軽さで言えば、荒地6+バルカソスでしょうか。敵の攻撃を避けやすいですし、「自制」「集中」の指輪を使わないため操作も楽だと思います。

その他のビルド

1.トレハンビルド

報酬クエストや「死の吐息」集め用のビルド。

255% Move Speed Whirlwind Barb (Speed Farm)

荒地6+バルカソスのトレハンバージョン。基本構成は2.2と同じですね。カナイ・キューブでゾディアックリングを仕込めるため、「狂戦士の憤怒」を継続しやすいです(この変身には移動速度+20%もついてます)。

2.3 – Charge+HOTA SpeedFarming

不死王6+レコー4のトレハンビルド。「レコーの遺産」4セットとレジェンダリーの片手剣「イン=ジオム」で、フュリオスチャージをしまくるという感じです。

IK/Sage T8 Death Breath farming 2.3

不死王6+賢者3のビルドです。クラフトセットの「賢者の旅路」を使うことで「死の吐息」を稼ぐというタイプです。キューブで「宿敵の腕甲」を仕込むところもポイントです。

2.他のバリエーション

6WW/4IK Perfected

2.3版、荒地6+不死王4のビルド。構成上、「王家の威光の指輪」が必須となります。2.2では防御(結束の指輪)を取るか、攻撃(属性の集合体)を取るかの苦渋の選択でしたが、カナイ・キューブで万事解決ですね。新アイテムの肩当て「古の民の怒り」もキューブで仕込めます。

Cold Seismic Slam GR 62+

不死王6+「サイズミック・スラム」のビルドです。

対抗馬の「古の大鎚」は、フューリーの残量でクリティカルヒット率が上昇します。また、「最初の人々の腕甲」で攻撃速度とダメージがコンスタントに上がります。それに対し「破壊の腕甲」は最初にヒットした5体のダメージが増えるだけとなっています。このあたりの違いから、大きな差がついてしまったようです。とはいえGR62をクリアしているそうです。

<関連アイテム>
■破壊の腕甲/Bracers of Destruction
効果:<サイズミック・スラム>によって最初に攻撃した5体に対するダメージが[300-400]%増加する

■消滅せし聖山の怒り/Fury of the Vanished Peak
効果:<サイズミック・スラム>のフューリー消費量が[40-50]%減少する
(両手用マイティ・ウェポン)


以上で眺めただけレビュー終わりです(;´∀`)

2.1や2.2の頃と比べると、バリエーションがかなり増えてますね。サイズミック・スラムも試したいなぁと思っています。

2
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. tan666 より:
    範囲ダメージって使えるのかあ、まっさきに外してたわ・・・
    • 犬丸 より:
      >tan666さん
      雑魚ですらなかなか倒せないレベルになってくると、できるだけ敵を集めてまとめて倒すので「範囲ダメージ」もバカにできないということでしょう。ただ、指輪の「筋力」を削ってまで「範囲ダメージ」にするのは、パラゴンが1600もあるからだと思います。それとPS4では敵の数がPCより若干少ないみたいなので、どれぐらい役立つかわからないですね

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。